2010年01月31日

17歳里見、連勝で女流名人に王手(読売新聞)

 将棋の清水市代女流名人(41)に島根県立大社高3年の里見香奈・倉敷藤花(17)が挑戦する第36期女流名人位戦(報知新聞社主催)の五番勝負第2局が31日、千葉県野田市で行われ、里見が138手で勝ち、2連勝で奪取まであと1勝とした。

 第3局は10日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われる。

神戸民家火災 猛煙の自宅、父戻る 娘助けようと 母悲鳴「もう無理」(産経新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(1)現代美術作家・ヤノベケンジさん(産経新聞)
「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
<マニフェスト>着手7割に 調整・修正は26項目に増加(毎日新聞)
FDA3号機はピンク、ネットアンケートで決定(読売新聞)
posted by ウエダ マサノブ at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)

 15日からの10日間に日本臓器移植ネットワークのホームページ上で臓器提供の意思を新規登録した人のうち、約4分の1が親族優先提供を希望したことが分かった。既登録者の約5%も親族優先提供に更新したことが判明。臓器提供者(ドナー)数の増加を期待する一方、移植の社会性や公平性が損なわれることを危惧(きぐ)する意見も出ている。

 厚生労働省の臓器移植委員会で25日、公表された。親族優先提供は、17日からの改正臓器移植法の一部施行に伴い認められた。移植ネットワークの新規登録者約700人中、約170人が親族優先提供を希望。既登録者約5万3400人中、約2500人が親族優先提供に更新した。

 委員会に出席したある委員は「親族優先の多さに驚いている。親族提供は第三者への提供意思が前提。これで臓器提供の登録が増えれば、移植医療の機会が増える可能性がある」と歓迎する。一方、別の委員は「社会性や公平性が求められる臓器提供が個人の問題になってしまわないか。親族かどうかを確認する現場のコーディネーターの作業も大変になる」と危惧している。【河内敏康】

【関連ニュース】
臓器移植:大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
脳死移植:84例目が終了 85例目も実施へ
病気腎移植:宇和島徳洲会病院が再開…「臨床研究として」
社説:親族優先の移植 心情は理解できても

中国籍の男を逮捕 神戸の女性講師死体遺棄事件(産経新聞)
「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判(J-CASTニュース)
20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割−喫煙者調査(時事通信)
65年後の被爆手帳、魚雷艇の元特攻兵に(読売新聞)
<漁船沈没>引き揚げ調査始まる 長崎・五島列島沖(毎日新聞)
posted by ウエダ マサノブ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)

 「誰かに止めてほしかった」。秋葉原事件の冒頭陳述で検察側は、加藤智大被告(27)が無差別殺傷を決意した後、携帯電話サイトの掲示板に書き込んだ予告に対し、犯行を止める返事がないまま、当日に至った経緯を示した。
 冒頭陳述によると、加藤被告は2006年8月ごろ、携帯電話のサイトで女性と知り合ったが、顔写真を送ると返事が来なくなり、容姿にコンプレックスを持つようになった。
 不安定な仕事やコンプレックスに悩み、掲示板への書き込みを開始。当初は期待通り慰めの返事があったが、無意味な「荒らし」に怒りを深めていたところに、自動車工場から派遣期間の終了を告げられた。
 その後、掲示板で「無視」されたこともあり、報復として、行ったことのある秋葉原での無差別殺人に思い至った。捕まれば自分の人生は終わりだと考えたが、「もう生きていても仕方がない」と自暴自棄になった。
 犯行を決意した当日、掲示板に「スローイングナイフを通販してみる 殺人ドールですよ」、翌日には「やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」と書き込んだ。「誰かに止めてほしい」という気持ちがあったが、思いとどまるように促す返事はなかった。
 犯行前日にも、「意外に冷静な自分にびっくりしている」と心境を掲示板に記したが、返事はないまま当日を迎えた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「秋葉原無差別殺傷事件」
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判

7歳長男傷害容疑で夫婦逮捕、長男はその後死亡(読売新聞)
温灸器「どんな病気にも効く」販売の会社捜索(読売新聞)
<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間−長津田間がストップ(産経新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
posted by ウエダ マサノブ at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。